カッティングボードやフォトフレームなどの木工クラフト作品や、
家具等のオーダーメイドも承ります。
現在、iichi−HandMade in Japan(http://shop.iichi.com/okuhira)にも出店しています。
よかったらご覧ください。
  木彫りの鳥  ひのきの端材で作った15センチくらいの小さな木彫りの鳥です。
休憩時間にちょっとずつ彫りました。自分では結構気に入ってます。
 手作りベンチ 親子で座ってもらいたいという思いで作ったベンチです。
作り付けの机の天板と、ベンチの座板はもともと同じ一枚の板です。
離ればなれにしないで同じ場所で使ってもらいたいという気持ち、
なんとなくわかってもらえるのではないのでしょうか。

 
作り付けの飾り棚   作り付けの飾り棚です。クリとタモで作りました。写真ではわかりませんが、
住み手である甥っ子の名前、柊にちなんでヒイラギの葉っぱの形を取り入れました。
使い手のためだけのオリジナルの家具やクラフト作品を作るのは楽しいものです。
 キッチンペーパーホルダー  キッチンペーパーホルダーです。キッチンペーパーを入れる支柱を家の形にしました。
使っていただいている方からは、光の加減で陰影が変化して景色が変わるので、
一日の移ろいを感じることができて楽しいと言っていただきました。
そんなご感想をいただいて嬉しかったのと同時に、物作りをする者にとって何か大切な
事を教えてもらった気がします。
 木彫りのペンギン  ひのきの端材で作った手のひらサイズの木彫りのペンギンです。初めて水彩絵の具で着色をしてみましたが、難しいですね。ああでもないこうでもないと塗っているうちに、気付くと木彫りの特長がなくなってしまったと自分では感じます。木の良さをいかに出すか。家作りの際にも大切なこの感覚を磨くために、もっと勉強が必要だと感じました。
 高座椅子  和室でも使える高座椅子を作って欲しいとのオーダーを受けて作らせてもらったものです。すべてタモ材で釘やビス等を使わずに組んであります。ほとんどお任せでと言うことでだいぶ悩みましたが、自分なりにお客さんの好みや性格を読み取り、体型などを考慮して作ってみました。大変気に入っていただけたのでとても嬉しかったです。家作りにおいても、かたちにするためにお客さんの気持ちを読み取ることはとても大切なので、いい経験になりました。
木の皿   端材を使って作りました。一番手前の豆皿は、薪用にもらった梨の木を使って作ったものです。他は栗で一番大きな皿は直径18センチ程です。どう彫ればきれいに見えるかだとか、使いやすい形はどうだとか、色々な事を考えながら作っているとあっという間に時間は過ぎていきます。
キッチンペーパーホルダーをお買い求めいただいた、あるお客様からのご依頼で製作したペーパーナプキンホルダーです。デザイン等、ほとんどお任せいただいたので気に入っていただけるかとても不安でしたが、大変喜んでいただけました。このような木工作品でも家でも、自分の作ったものを喜んでいただけるのは、作り手として最高に幸せを感じることができます。
木彫りのりんご 建築端材(ヒノキ、ヒバ)を使って木彫りのりんごを作りました。アクリル絵の具で
塗装してあります。サイズは手のひらに載るくらいです。その時その時で少しずつ違う形になって、後から見るとこんな気持ちで彫ってたんだなあと自分でも楽しくなります。表面をつるつるに仕上げて完璧な塗装をして、間違えてかじりつくようなりんごそのものを作るのではなく、ひとつひとつの刃の跡から何かを感じられるようなものが出来たらと思います。もちろんまだまだそんなレベルではないですが。
ヒバの端材で作った小さな小鳥です。大きさは10センチ程です。
アクリル絵の具で塗装し少しアンティークっぽく仕上げてみました。
大工のつくったクラフト
本物の木の家 奥平工務店
ホームへ
奥平工務店の仕事へ
施工例紹介へ
お客様の声へ
ホーム
施工例紹介
お客様の声
奥平工務店の仕事
会社案内 お問い合わせ
会社案内へ
主な仕様

(有)奥平工務店 
〒399-0733 長野県塩尻市大門3-13-2
TEL(0263)53-6388[設計室]  (0263)52-5775[工場]  (0263)52-2510 [事務室]
FAX(0263)53-8550
e-mail mail@okuhirakoumuten.com


©2011 okuhirakoumuten.com